スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方幻匆黙 第4録~境妖怪八雲紫~


「ドサッ」

え? ドサッ、だって? そんなバカな!ドサッ程度? あれだけ勇気を出して落ちたのに即死じゃなかった、というのか?

「ならばまた上ってもう一度、落ちれば・・・え!?」

すぐに立ち、目を開けながら後ろを向いたら僕の目の前にあるはずのビルは無く、そこには無数の目があった!

無数の目の周りの背景は紫。そう、紫一色だ!

「な、何だここは!?地獄がどこか、か? それとも辺に頭をぶつけて視覚障害にでもなって幻覚でも見ているのか?」

ぐるり、と一回、回って見た。全部が同じ光景だ。

目、目、目、目! 君が悪い。訳がわからず戸惑いを隠せぬままもう一度、周りをみようとした時だ

「貴方には本当に何も無かったのね」

? え? このセリフは確か、僕の夢の中で誰かが言った言葉ではないか!!

スポンサーサイト

東方幻匆黙 第3録~落ちる境~

サッ、と後ろを振り向くとそこには、一人の女性が居た

雨が降っているのも関係なしに日傘のような物をさして

帽子のような被り物をし、

腰まであるだろうか、と思わせるほどの長い金髪をしている

瞳は紫色で服も一部分だけ作りが違っているところもあり、そこも紫だ

そして、フリルの付いた少々大きめのスカートを付けて

靴はハイヒールだ

その女性は僕を見ながら興味あり気にニヤニヤしていた

「ん?ほら、どうしたのかしら?早く死んで見せて頂戴。」

と女性は僕に向かって言った。

「それが死を間際にした初対面の少年に浴びせるセリフですか?」

僕はすぐに女性に対して怒ったような口調でわめいた

「あら~?まだそんなに声を出して怒るほど、元気だったのね。ちょっと計算違いだったかしら?」

計算違い? この女性はつまり長い事僕を見物していた、ということか? 何故だ?

・・・ってなにを考えといるんだか僕は。どうせこれから死ぬんだからどんな疑問を抱いたって無駄なのに。

「すみませんが、これ以上僕に関しての事は何も言わないで貰えませんかね? どうせこれから死ぬんですから」

「あ~ それもそうね。ごめんなさいね」

そう女性は言い切り黙って僕を見物した。

僕は少々後ろを気にしつつまた前を向こうとした。

その一瞬の間に女性が微かに笑ったような気がしたが気のせいだと思い無視した

「スーハー、スーハー・・・」

そして、僕は二度きっかりと二度だけ深呼吸をしてから・・・

僕は一歩、踏み出して・・・・・・・・落下した

東方幻匆黙 第2録~小死の雨~

他人から見たらただの少年だ。まぁ、下を向いてヘッドホンで音楽を聞きながら歩いている静かな少年ですからな

「?」

驚いた顔で前を見て見たらいつの間にか広いところにでていた

草が短く刈られていてとても気よく眠れそうな場所だ。

「ちょっと距離を歩いたから疲れたし今日はここで休むことにしようかな」

カサッカサッカサッ、・・・・・・Zzzz....

(夢の中)・・・・・・・・・・・・「・・・な・・・には何・・・・・・・の・・・」

「えっ?!」

ザァァァァァァ.....!

「あれ?・・・!?んな? 雨!?」

いつも間にやら暗い。すっかりあさになってると思ったらまだ夜中ぐらいだ

しかも、最悪にどしゃ降りだ。

「ん~やばいな、さすがなどこかで雨宿りしないと!」

すぐに僕はクラウチングスタートに似た構えをし駆け出した

「ハァッ、ハァッ!びちゃびちゃになるのだけは、勘弁だ!」

500mぐらい走っただろうか? 工事中らしい小さなビルの前にたどり着いた

「っ! しょうがない、ここにしよう!」

ザァァ、!・・・今、僕は暗くなって雨が降っているそらを軽めに見上げている。

ふっ、と僕はふいにある言葉をいつの間にやらつぶやいていた

人間の特性だろうか?なぜ今このタイミングでこんなことを考えて口に出したのだろうかわからないがつぶやいていた

「・・・・・・さて、死にましょうかね・・・」

と言うと僕はすぐにビルの中のあるほうを向き、汚れた階段を一歩一歩がまるで足が浮いているかのようにゆっくりと上り始めた

カッ、カッ、カッ、カッ、・・・・・・

カッ!

「ほー!」

そんなに高くもない、小さなビルなのに今はすごく高く感じる

高所恐怖症だからかな? ま、どうでもいいですがな、そんなことは。

今、もうすぐにでも死人になろうとしているぼくはなにも考えなくてもいいのに

一歩・・・カッ!

ここから下を見てから上を見上げてすこしだけ雨に体を濡らす

・・・そして、僕は帽子をいつもよりも深く被って静かにゆっくりとヘッドホンを耳に当てt・・・・・・

「あらら、こんな小さなビルの上で死を行おうとするなんて最近の人間は変わった考えを持っているのかしら?」

「! 誰ですか!?」



東方幻匆黙 第一録~孤独に光が消えた少年~

・・・・・・僕の瞳には光が失われている。何年か前まではあった。
でも、何ヵ月か前に無くなった。・・・知人も家族も家もないんじゃそうもなるでしょうが。
グゥー
「腹が減ったなぁ。そこら辺のコンビニにでも入ってすこし何か口にしないと、な

・・・・・・軽めの御握りで腹を埋めてからそろそろ僕に何があったのかを説明しますね

・・・僕はもともとは普通の少年だ。
いや、だった!だな。
名前は「綾昏疾匆」。しょうもない名前です。
でも、実はこの名前は僕が作った名前であって本命ではない。
どうして偽名を名乗っているのか、と言うと長くなるけど詳しく説明しますね

・・・数ヶ月前に僕は両親と知人、全員が火事の事故で亡くなってしまった。
それはほんの少しの時間だった。ものの数分の間に僕が忘れ物を取りに学校に行って帰って来た時にはすでに全焼。
跡形もなく人も家も車も何もかもが燃え尽きて消えていた。
一瞬のことだったから僕はただ呆然と燃えカスを見ているしか考えられなかった。それがあって僕の瞳には光が失われた
親すらいないから名前は関係なくなった。これが僕の名前を偽名にした理由だ。

その後は亡くなってしまった皆を送るための式とかも無かった。当たり前と、言ったらそうだ。
誰も費用を出す意味も無かった。何より死体がすでに骨の髄まで燃え尽きて残ってないからね

唯一、残っていたのは、と言うかあの日に燃えていないのは僕が所持している何万円かのお金と
カセットのない音楽が聴けるゲーム
とヘッドホンと
現在、僕が身につけている服類と僕が愛用している唯一僕が扱える武器の細長い棒だけだ
服は蒼くて目を隠せるほどの帽子を被っている
髪の毛は男子にしては長め
腕にはこれまた蒼いリストバンド
赤いジャンパーみたいな服を上にきて中の服は黒い半袖のシャツ
ベルトが付いたジーンズに蒼と黒色のスニーカーという格好をしている。

真夜中の更新、そして・・・!

どうもです!ちょいと、遅めの更新です!
特に書くことがないんで、コメント返答と報告です!


>>そばんげ様
リンク完成しました!有難うございます!
これからもよろしくお願いします!また来てくださいね!

>>ユウキZ様
マジに申し訳無いんです!PCが早くできればorz
せっかく、誘ってくれたのにすみません。
コメント有難うございました!

>>くノ一おゆき様
やべ!そちらのブログにコメントしてこちらで書くことがない!(⑨
すみませんでした。とりあえず、またのおこしをお待ちしております!
バトン、有難うございました!ノシです!

>>非公開様
!急にですか!無くなるとは本当に残念です。
何かあったんですな。でも、これからもお願いします!
ある意味、お元気でノシです!


はい、コメントしてくれて有難うございます!
最近から毎日というほど、コメントが来てくれてうれしいです^^


あ、最後は報告です!
僕、実は東方の歌造の他に、二次創作小説を計画しているんです!
とりあえず、小説はだいたいは考えてあります!ストーリーはある程度はOK
主人公の名前が今になって完成しました!
名前は「綾昏疾匆」です!はい、野郎です!(コラ
またの更新のときにかけたら載せますんで!興味ある方はゆっくりみていってね!
・・・名前がカッコイイな!ノシです!
プロフィール

νエックス

Author:νエックス
FC2ブログへようこそ
東方大好き!
最近はFPSにハマっています。

skypeID:abcd.underage
表示名:νエックス

歳:17歳

職業:高校生

所持している東方シリーズ
・紅魔郷
・妖々夢
・永夜沙
・花映塚
・緋想天
・非想天則

好きな原曲:少女綺想曲~Dream battle

尊敬する人:つるの剛士さん


好きなアーティスト
:つるの剛士さん
:TOKIO
:ジャニーズ全般
:709sec.(SOUND HOLIC)
:石鹸屋
:あにー(TaNaBaTa)
:ビートまりお(COOL&CREATE)
:時音(舞風[MAIKAZE])
:Q-BIT(個人的に好き)
:らむだーじゃん


趣味:ゲーム、カラオケ、漫画鑑賞、音楽、ガンダム、東方project、モンハン、ボーカル練習、動画投稿

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

まよねーず工場

まよねーず工場
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
ブロとも一覧

東方やネギま!?な人生

__体は核でできている-☢I am the bone of my nuclei☢

XIV ROTARY DISK

ゲーム貴族のプレイ日記

現実と妄想の狭間に座す邪心

CYBER-Z

路肩の山小屋

~★狐の嫁入り☆~

暇イカのとろとろブログ

紅き雲 ~Crimson Cloud~

こちらじゃっくパウダー

龍角散 ~Dragon's throat candy

幻想ノ休憩所 弐

壁の中

幻想郷風祝記録

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

駆け出しネット住民のごく平凡な日常話

無限の渦 "94ers"

Art Skills ~絵は描くためにある~

狩人らしく!

不完全学生 ~Not Fashionable~ 

げ~むな日々

めるぽっぽ。 ζ・∀・)<メルポ

空ろな嘘

紅淵亭 - rhodoabyss blog

徒然龍紀

クラスで3本、いや、1位の変態

退廃的日常、虚無的平生

優曇華の咲く兎亭

――花果子念報―― ~姫海棠はたての活動記録~

小規模大農園

幻想風話 ~ Windy Fantastic Talk

Upside Down

焔の髑髏【flame skull】

Disaster

名前があやふやな人のゲームブログ

東方歌詞@るりぃ姫の日常にっき!

今日も今日とて、まったりと

とりわけ何もやることがない毎日を送っている暇人の日記( ^ω^)

茜木通信社
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
こんな僕ですがよければブログ友達になってみる?

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。